パイロット不足で門戸は広いがパイロットには特別な対策が必要

有利な環境だけど、依然としてパイロットは特別な職業

 

 

■まず、いま現在パイロット不足なだけでなく、今後もパイロットは不足しがちな状況が続くでしょう。

 

■その要因は、LCC(格安航空会社)が増加すること、また、とりわけ2030年頃にベテラン機長が相次いで退職する時期となること、などです。

 

■また、人や物の輸送量の増加、発着枠と便数の増加、飛行機のサイズダウン(MRJ等が増える)などなど、様々な要素があります。

 

■こうした世界的パイロット不足に関しては、ボーイングやエアバスも予想しているところです。

 

■車のドライバーと違い、航空機のパイロットはすぐに免許が取れるものではありませんから、パイロットが不足しがちな情勢は今後も恒常的に続くと思われます。

■さて、エアライン等のパイロットになるには、現在、桜美林大学、東海大学、法政大学などの一般の大学にも専門課程が新設されています。

 

しかし、実績から言うと、国立の航空大学校が最短かつ確実なルートとなっています(⇒航空大学校の詳細はコチラ)。

 

■航空大学校が一般の大学と違う点は、

(1)学歴不要で誰にでも門戸が開かれていること
(2)国立なので学費が安いこと
(3)知名度が低いので入学倍率が低めであること

といった点でしょう。

 

■この航空大学校に、合格者50パーセント以上を輩出している予備校があるのですが、みなさんご存知ですか?

 

■それがパイロット予備校なんです。