パイロット不足の今、パイロットになるには有利な環境か?

有利な環境だけど、依然としてパイロットは特別な職業

 

■まず、いま現在パイロット不足なだけでなく、今後もパイロットは不足しがちな状況が続くでしょう。

 

■その要因は、LCC(格安航空会社)が増加すること、また、とりわけ2030年頃にベテラン機長が相次いで退職する時期となること、などです。

 

■また、人や物の輸送量の増加、発着枠と便数の増加、飛行機のサイズダウン(MRJ等が増える)などなど、様々な要素があります。

 

■こうした世界的パイロット不足に関しては、ボーイングやエアバスも予想しているところです。

 

■車のドライバーと違い、航空機のパイロットはすぐに免許が取れるものではありませんから、パイロットが不足しがちな情勢は今後も恒常的に続くと思われます。

■さて、エアライン等のパイロットになるには、現在、桜美林大学、東海大学、法政大学などの一般の大学にも専門課程が新設されています。

 

しかし、実績から言うと、国立(独立行政法人)の航空大学校が最短かつ確実なルートとなっています(⇒航空大学校の詳細はコチラを)。

 

■航空大学校が一般の大学と違う点は、

(1)学歴不要(大学2年以上相当が必要)で誰にでも門戸が開かれていること
(2)国立(独立行政法人)なので学費が安いこと
(3)知名度が低いので入学倍率が低めであること

といった点でしょう。

 

■この航空大学校に、合格者50パーセント以上を輩出している予備校があるのですが、みなさんご存知ですか?

 

■それがパイロット予備校なんです。

実績が物語る「パイロットへの近道」。それがパイロット予備校!

 

■入学試験には「傾向と対策」が必須ですが、パイロット予備校は学校そのものが航空大学入学のための「傾向と対策」で構成されています!

 

■これまでに航空大学入試で「主席合格者」を出していますし、なんといっても、航空大学合格者のうち2人に1人がパイロット予備校出身者なのです(実際は50%超)。

(2012年度)36名中19名合格
(2013年度)72名中39名合格
(2014年度)72名中49名合格
<※>航空大では年度によって受け入れ人数が異なることがあります。

 

■北海道から沖縄まで、日本全国にいるパイロット予備校生が航空大学に合格しています。

 

パイロット予備校の受講料は非常に安いです。同業種であるフライトアテンダント養成学校と比較してもかなり割安です。

 

■一般的に、医学部受験の場合、予備校の受講料は、数百万から1千万以上と言われています。パイロットも同じレベルの収入が予想できるにもかかわらず、パイロット予備校の受講料は格安です。

 

■受講料は、クレジットカード払いなら「分割」が可能です。

よくあるご質問〜FQA〜

 

<Q>そもそも航大受験とは、どのようなものなのでしょうか?
<A>航大受験は、特殊な受験です。簡単に説明すると、「大学受験+就職活動+パイロット独自検査」の3つから構成されています。大学3回生までの就活未経験者は、就活とパイロット独自検査で訓練する必要があります。また、就活を経験した社会人でも、大学受験のブラッシュアップやパイロット独自試験にはきちんと備える必要があります。それぞれの試験に必要な時間や要素は、経験や環境 など、人によっても異なってきます。パイ予備では、各分野の専門家が集めた経験や情報を集約させ、テキスト、Eラーニング、セミナー、個別コンサルタント等で、可能な限りたくさん、わかりやすく丁寧に説明しています。これは合格体験記をご覧頂ければ分かるかと思います。

 

<Q>パイロット予備校に入学資格はありますか?
<A>あります。入学申込みをするには2つの条件をクリアして頂いている必要があります。1つ目は、「身長が158cm以上」あることです。「158cm以上」は、158cmちょうどでも大丈夫です。2つ目は、「色覚異常がないこと」です。これは、航空身体検査を考慮しています。明らかに適合でない人に、ムダな費用と時間を使って頂くわけにはいきません。この条件をクリアした人だけ、入学 の申込みをお願いしています。また、パーフェクト・パイロット・パックでは、事前に第1種航空身体検査で合格をした方だけにお申込みを頂いております。安心して受験対策に励んで頂くために必要なことですので、ご承知おき下さい。

 

<Q>文系ですがパイロットになれるでしょうか?
<A>意外に思われるかもしれませんが、「パイロットの半分は、文系出身者」です。ですので、文系でも大丈夫です。ただし、入学試験や入学後の授業において、理系の知識が必要になるため、文系の人はこれから身に付けて頂く必要があります。なお、パイ予備ではわずか1か月で文系学生がみごとに合格を勝ち取っています。

 

<Q>女子学生なのですが、航空大学校に合格してパイロットになれるでしょうか?
<A>問題なくパイロットになれます。航空大学校には、女性専用の居住空間やトイレも設置されています。また、多くの女子学生が航空大学校を卒業して、エアラインで活躍をしています。チャンスは平等です。ただし、航空身体検査においても、男女の基準に差はありません。特に身長を確認して下さい。158cm以上が必要となっています。また、158cm未満の方は、パイ予備でも入学をお断りしております。

 

<Q>社会人なのですが、航空大学校に受験できますか?
<A>できます。社会人でもあっても、年齢、学歴及び身体条件がかなっていれば、受験可能です。社会人の方は、勉強時間を確保するのが大変ですので、パイ予備のEラーニングを活用されることをオススメ致します。ネットの環境さえあればすぐに勉強できますし、1問ごとの細かな解説なので、5分もあれば勉強できます。社会人の合格者も多数いますので、パイロットに少しでも興味のある人は、是非挑戦してみて下さい。合格体験記にもしばしばふれられていますが、特別な能力は必要ありません。ただし、年齢制限がありますのでご注意下さい。

 

<Q>未成年ですが、入学申込みできますか?
<A>未成年の方が入学を申込みされる場合は、親権者のご同意を得た場合のみ可能です。そうでない場合、未成年の方にはお申込み頂けませんので、ご了承下さい。なお、未成年の方が成人と偽って申込みされた場合は、民法により成人者と同様の扱いになります。ご注意下さい。

 

<Q>メガネ・コンタクトをしていますが、大丈夫ですか?
<A>昔は、メガネやコンタクトを使用しているパイロットはいませんでした。しかし、現在は身体検査の 規制緩和により、メガネやコンタクトの使用は認められるようになりました。なお、航空大学校で必要な視力に関する基準は以下のとおりです。
視 力:@遠見視力:各眼が、裸眼または矯正視力で1.0以上あること。
     但し、矯正視力の場合は、各レンズの屈折度が−4.5?+2.0ジオプトリー以内であること。
    A近見視力:各眼が、裸眼または矯正視力で0.8以上あること。
    B屈折矯正手術(角膜前面放射状切開手術、レーシック、PRK等)の既往歴がないこと。
    Cオルソケラトロジー(コンタクトレンズによる屈折矯正術)による矯正を行っていないこと。 視力がギリギリな人も対策はありますし、合格者もいます。あきらめずに挑戦して下さい。

 

<Q>運動神経が悪いのですが、問題ありませんか?
<A>運動神経に関する検査はありません。フライト訓練が始まってからも、運動神経は関係ありません。ただし、操縦に関してはコツや要領があります。パイ予備では、セミナーや交流会等を通じて技量や知識を養って頂くことで、試験はもちろん、入学後までも通用する実力を身に付けることが可能です。

 

<Q>英語力はどれくらい必要ですか?
<A>イメージと違うかと思いますが、英語が話せる必要は全くありません。TOEICについては入学後を考えると600点ほしいところですが、入学試験においては、これも評価の対象にはなりません。入学試験において必要な英語力は、1次試験筆記の英語で高得点を取る力です。これこそが必要な英語力ということになるでしょう。

 

<Q>基礎学力に自信がないのですが、大丈夫ですか?
<A>程度によりますが、普通の人が正しい努力の仕方を重ねることで、誰でも筆記試験を突破することが可能です。正しい努力の仕方を知らなかったために、成績が悪いままの人もたくさんいます。パイ予備では、一流の講師陣の授業が待っています。特に、基礎講座では、高校の授業がほぼ丸ごと入っているに等しいです。繰り返し何度でも学習することが可能なので、基礎力養成にはこの上ない対策になると思います。

 

<Q>今後のパイロットの就職状況はどのようになるのでしょうか?
<A>数年先のことを見通すのは難しいことです。ただし、中・長期的なトレンドとして、世界で、日本で、パイロットは確実に不足します。これはボーイングやエアバスも予想しています。人や物の輸送量の増加、発着枠と便数の増加、飛行機のサイズダウン、様々な要素があります。ただ、採用についてはエアラインの都合もあるため、一概には説明できません。

 

<Q>各コースの料金はどのように支払ったらよいですか
<A>各教材のお支払は、『銀行振込』『クレジットカード』または『料金代引き』をお選び頂けます。

 

<Q>クレジットカード払いでPAYPALの登録が出てきました。PAYPALって何ですか?
<A>PAYPALは、世界中で利用されている決済サービスです。ペイパルに登録されたアクティブアカウント数は1億以上、ペイパルを利用できるオンラインショップは900万店以上です。また、190以上の国と地域で利用でき、25通貨に対応しています。安心してご利用ください。

 

<Q>クレジットカードの場合、分割払いは可能ですか?
<A>可能です。お客様ご自身で、以下の3つ手続きして頂く必要があります。
@使用カード会社に電話連絡をして、分割が可能か確認する。
A申込みページでカード決済をする。※URLを貼る。
Bカード会社に再び電話連絡をして、「○月○日、株式会社YBKに支払った○○円について、○回払いの分割にして下さい」と伝える。(分割回数についてはカード会社にもよりますが、30回程度までは可能なようです。)

 

<Q>海外からも入学申込みはできますか?
<A>テキストの海外発送には対応しておりませんので、海外のご住所からの申込みはお受けしておりません。ただし、日本にいる間に申込んで、海外で受講することは可能です。「海外からどうしても」という場合には、日本にいるご家族や親戚の方からのお申込みをご依頼下さい。

 

<Q>パイロット予備校に申込んでからどのくらいで教材が届きますか
<A>お申込みを頂いてから、3日以内に発送します。事前に入学のご連絡を頂いている方については、午後4時までに入金確認がとれた場合、即日発送も可能です。お急ぎの方はそのようにして頂いております。教材については、分割送付ではなく、最初にすべての教材をお送り致します。ただし、追加教材については後日の発送となります。なお、在庫切れや教材改訂などでお届けが遅れる場合には、お届けする期日をご連絡致します。

 

<Q>教材が注文した内容と違う、あるいは不良品だった場合、どのようにしたらよいですか?
<A>教材がお手元に届きましたら、ご注文された教材と間違いがないかをご確認下さい。万が一、ご注文と異なる教材や不良品の場合は、当校までご連絡を下さい。すべて無償にて交換致します。その場合は、お手数ですが、当方負担の「着払い」でお送り下さい。

 

<Q>入学申込み時のメールアドレスは、携帯でも大丈夫ですか?
<A>学習資料を添付ファイルとして送信することがあります。その際に資料が見られないと困りますので、「パソコンのメールアドレスを推奨」しています。スマートフォンでGメール等のフリーメールでも可能ですが、「迷惑メールにならない」あるいは「パソコンからのメール受信を許可する」等の設定をご自身で行って頂く必要があります。

 

<Q>予備校に入学しても合格できなかったら、どうしてくれるのですか
<A>授業やテキストを一回見るだけでは、合格には不十分です。何度も繰り返し見て、練習と努力を重ねれば、合格の可能性は限りなく高まります。なお、先天的に航空身体検査の基準に満たない場合は、合格できません。パイ予備は、あなたに多くの情報と気付き、そしてノウハウを与えることはできますが、そこから成長するのはあなた自身です。「お金を払ったのだから、予備校がどうにかしろ」という方は、お申込みにならないで下さい。

 

<Q>長期間で勉強したいです。受講期間の延長は可能ですか?
<A>可能です。例えば、受験勉強の期間を1年以上行いたい場合、「延長制度」を利用することができます。入会をし直す必要はありません。延長料金は64,800円(税込)になります。通常、授業配信は1次試験実施日をもって終了となりますが(TOEIC講座等はその限りではありません)、延長制度を利用されますと、翌年の1次試験実施日まで配信期間が増えます。また、翌期の最新テキストや追加コンテンツ、受講生専用情報も受け取ることが可能です。通常の塾や予備校ではありえないサービスとなりますが、何としてでも航大に合格してもらいたい当校の支援制度です。ですので、万が一1次試験で落ちてしまった場合や、長期で勉強期間を設定する必要がある人は、有効に活用して頂けたらと思います。

 

<Q>Eラーニングの、良くない点はありますか?
<A>ノウハウをビデオ形式でお届けするものなので、直接お会いして手取り足取教えることはできません。しかし、一流講師陣の授業とノウハウには、満足の声がぞくぞくと届いておりますので、ご安心下さい。また、各種セミナーやスカイプ等でコンサルタントを受けられる方は、その限りではありません。

 

<Q>入学後の個別相談については、何時までやってもらえますか?
<A>打ち合わせ等のスケジュールが入っていない限り、可能な限り対応しております。時には込み入った話や相談で、営業時間を過ぎることはあります。通常の問い合わせについては、トップページに記載している時間内での対応になりますが、受講生についてはこの限りではありません。受講生にとって一番知りたいことや一番の解決策にたどり着くことは、受験に集中する上でかなり大切な要素であると認識しています。

 

<Q>どうしてこんなに受講料が安いのですか?
<A>例えば医学部受験の場合、予備校の受講料は、一般的に数百万から1千万以上と言われています。これはその分を将来回収できるという意味での投資になっていると思います。パイロットも同じレベルの収入になりますから、同じくらいの受講料でよいのかもしれません。しかし、「本当に誰にでもパイロットになれる可能性がある」ということを、より多くの人に普及させるべく、受講料は非常に安く設定されています。これは同業種であるフライトアテンダント養成学校と比較しても分かると思います。また、単に安いだけでなく、合格に直結する本物の試験対策であることも特徴です。

 


【PR】九州ムラコレ市場 フラコスメ ピアノウォンテッド カイテキオリゴ 屋根コネクト バスリザーブ XSLIM (エクスリム) グラングレース  無農薬野菜ミレー ズバット車買取比較